育児と看護師を両立するならどの診療科がおすすめ?どう選ぶ?

診療科

「看護師を続けたい」でも、家庭や育児にも手を抜きたくないという、がんばりやさんの看護師さんがとても多く、これは完璧にやらないいけないと思ってしまう職業的な性分があると分析いたします。

実際にお子さんが生まれるまで、夜勤、早出、遅出をこなして常勤としてフルで働いていた方も、出産、育児を経験し、これまでと同じように働けるのだろうか、育児、家事、仕事と両立できるだろうかと不安になるはずです。

実際にやる気はあっても、いろんな方々の協力なくては両立は難しい職業ですね。

看護師としてのキャリアも積みたいと考えている看護師さんもいらっしゃると思います。どうすれば、キャリアを積みながら育児と仕事を両立できるか、考えてみましょう。

復帰する時に考える事

出産前、育児休暇前までに働いていた病院に復帰する場合、これまでと仕事をする環境はそれほど変化ないので、育児を行いながら仕事を続けている看護師の状況もだいたい理解できます。病院が育児中の看護師にどのように対応してくれるかも把握できていると思います。

もちろん以前に配属されていた部署への復帰は、本人にとっては復帰しやすいのでしょうが、残業がつき物であったり緊急事態が常に発生する部署であれば、育児との両立に不安要因が多くなってきますね。

復帰するにあたり協力してくれる方々がそろっているなら元々の配属の部署に復帰でよいと思われまが、保育所のお迎えや、土日の出勤など日常的になってくると難しい事態になってきます。

残業の少ない部署は?

育児中の看護師が一番気になるのは残業ではないでしょうか?

急性期の病棟で、急変が常におこることが予測される部署では、常に医師の指示が変更になったりして夕方まで、処置などこなしていると記録が残り残業もありえます。また、患者さんの病状が勤務交代時に変化する事もあるため対応に追われて残業になる頻度が非常に高いです。

できれば、急性期でなく、慢性期の患者さんの看護を行う部署や、あまり全身管理が必要でない疾患の患者さんを取り扱う部署への配置転換をオススメします。

例えば、慢性期の患者さんの看護を行う部署として、療養型病床、回復期リハビリテーション病床、などの急性期を脱した病状の病棟であれば急性期病棟のような業務量の負担や、精神的な緊張といった面では開放されます。

大きな違いは入院患者さんの数が数人もしくは、転入以外は入院患者さんが少なく病棟内での患者さんの動きはほとんどないということが特徴です。また、慢性期の患者さんですので、病状の変化が少なく、看護の内容も、日常生活の援助が多くなってきます。ですので残業時間もそれほど多くはないと考えます。

慢性期病棟では、勤務形態も急性期病棟と別の勤務形態をとっている所もあり、比較的、育児と両立しやすいのではないでしょうか。

全身管理が比較的必要でない疾患の患者さんを取り扱う診療科としては、眼科、皮膚科、耳鼻科などがあります。(疾患によってや基礎疾患をお持ちの高齢者の患者さんはそれまでではありませんので注意してください)

残業の少ない診療科は?

眼科では、手術目的の患者さんで全身麻酔以外での手術をされることが多く、クリニカルパスどおりに経過される患者さんがほとんどです。しかし、手術を一日何例も行うため、入院患者さんと退院患者さんはとても多くその対応や手術出しと術後の対応に明け暮れるというお仕事が日常的です。

お仕事の内容としては忙しいように思いますが、パスどおりに経過していけば残業は少ない診療科ではないかと思われますし、体力的、精神的な負担も大きくないように思われます。

耳鼻科皮膚科については、比較的、全身麻酔で行われる手術が多いですが、術後の管理ができれば比較的落ち着いて仕事できる診療科かと思われます。

耳鼻科の患者さんは若い患者さんも多いので、術後管理としてリスクが非常に少ないと思われます。

育児中の勤務形態は?

育児中は、夜勤が無理という方がほとんどではないでしょうか。

そのような場合は、外来や透析センター、手術室がオススメです。

外来であれば、診療時間が決まっているため残業時間もそれほど多くはありません。

透析センターも遅出という勤務があるかもしれませんが、夜勤もなく比較的お給料も沢山もらえるので、良いかと思われます。

手術室は、夜勤がない代わりに待機という体制をとっている病院がほとんどですので夜間の緊急の呼び出し時に家族の協力が得られるならやりがいのある部署ではないでしょうか。

透析センターと、手術室は特殊な部署ですので慣れるまでには技術の取得が必要となりますが、様々な技術やキャリアを身につけるにはもってこいの部署だと思われます。

⇒ 手術室(オペ室)看護師の仕事内容と求人・募集の探し方

職場復帰する前に看護部と相談を!

いずれにしても、育児休暇から復帰する時に、育児の状況や、家庭環境などをきちんと報告しておきましょう。

あなたの状況にあった部署を検討していただいたり、夜勤など変則勤務がない部署などの希望を聞いてもらう事もできます。

このように育児中、様々な診療科と関わっていく事は、あなたの強みとなり、育児しているから看護師のお仕事と両立できないなんて嘆く必要はなくなりますね。

⇒ 【看護師あるある】育児休暇後の看護師仕事復帰におけるよくある不安や悩みは?

▲▲上に戻ってもう一度読み直す▲▲

当サイトでお申し込み数の多い転職サイト

ナースではたらこ 看護のお仕事

「できるだけ早く転職したい!」ならこのナースではたらこが良かったです。当サイトお申し込み数2位。対応エリアは全国。 詳細ページ

病院との交渉お任せもありで、忙しい看護師さんにとって本当に嬉しいサービス。当サイトお申し込み数1位。対応エリアは全国。 詳細ページ
看護師バイト・パート・派遣ならMCナースネット
MCナースネット看護師バイトや派遣系のお仕事であれば、ここで間違いなしです。※登録後の翌営業日辺りに電話連絡が来ますので、そちらから希望の条件を詳しく話すと、より良い条件のバイト案件を紹介してくれます。 詳細ページ
・1回3万円超の高額夜勤バイト
・時給2000円超の高額求人多数
・表には出てこないレアなバイトもたくさん!

⇒ 管理人がまとめた転職サイトのスペック比較表を見る

転職したいなら以下の記事もチェック
看護師転職看護師の履歴書の書き方!自己PR・志望動機・得意科目は?
面接看護師の面接必勝マニュアル!これで面接対策はバッチリ!
税金看護師転職時の年金・税金の処理方法!面倒な手続きもこれでわかる!
健康保険看護師転職時の健康保険手続き方法まとめ!
退職理由看護師の退職理由はどう話す?具体的な理由も紹介します!
給料アップ目指すなら以下の記事もチェック
給料看護師の副業でおすすめは?目指せダブルワーク看護師で年収1000万
給料アップ給料アップのための看護師転職!施設や診療科の狙い方
日本看護師の平均給料は安い?手取りは?高い県はある?
看護師バイトでお小遣い稼ぎするなら以下の記事をチェック
確定申告看護師の副業・バイトの確定申告やバレない税金の支払い方
罰金看護師の副業・ダブルワークは違法?罰則や罰金はある?
マイナンバー看護師の副業・ダブルワークはバレる?マイナンバー制度でどうなる?
ナース20代看護師におすすめのイベントナース!看護師単発バイト
ナースMCナースネットの口コミ・評価(看護師単発バイト・ツアーナース等に強い!)

コメントを残す

このページの先頭へ