看護師は自分の病院で出産するべきか

妊娠がわかり病院を受診しようと思った場合、日頃働いていて、よく知っている自分が勤めている病院で出産するべきか、そのほかの病院に行ったほうがいいのか、案外悩みますよね。先輩看護師に聞くことができたらいいけれど、出産経験がほかにあまりいない場合は聞きにくいです。

みんなはどうしているのか?自分の病院で出産するべきか、他で出産するべきか?病院を選ぶポイントを紹介します。

自分の病院で出産をするメリット・デメリット

メリット デメリット
・勝手がわかり安心できる

・勤務時間に検診をうけられることも

・具合が悪くなったときに診てもらえる

・相談しやすい

・恥ずかしい

・リスクに対応できない病院である可能性もある

・ゆっくりと入院ができない

メリット

勤務先であれば、入院費用が安くなることが多く、自分が勤めている病院なので、勝手がわかり、安心して出産をすることができるのがメリットです。

また、勤務時間に検診をしてもらえたり、勤務中に具合が悪くなったときも診てもらえるため、何かと便利です。周りが知っている人ばかりですし、医師も知っている人ですから、相談しやすいという声が多いです。

デメリット

知っている人がいて、安心ではあるのですが、恥ずかしいなと感じる人もいます。

そして、自分が勤めている病院がそれほど大きくなく、診療科が少ない場合、何か問題があったり、リスクがあれば、対応できない場合があります。

また、自分の勤めている病院だと、ナースコールを鳴らすタイミングに気を遣ったり、ゆっくりと入院ができないというデメリットがあります。

他の病院へ行った人が嫌だなと感じたこと

自分が勤務している病院以外に行く場合は、いろいろリサーチをして、自分にとってベストな選択をすると思うのですが、他の病院へ行った場合、看護師だからこそ嫌だなと思った経験がある人もいます。

これが嫌だよ他の病院!一覧

  • カルテや保険証から看護師だとバレる
  • あえて新人を割り当てられることもある
  • 個人防護具や消毒剤の使い方や、ヘアスタイルなどが気になる
  • もたもたされると、自分がやりたくなってしまう

カルテや保険証から看護師だとバレる

看護師だとバレて少し気まずい思いをした経験がある看護師は少なくありません。相手看護師も気を遣うので、お互いになんとなく、よそよそしい空気が流れます。

ですが、入院して、仲良くなってきたら「何科ですか?」など、話は盛り上がります。

医療事務だとごまかす人もいますが、案外バレているものです。やはり、受け答えやカルテをジッとみてしまっていることなどでわかるのでしょう。

あえて新人を割り当てられる

間違えそうになったら指摘してくれると思っているのか、こちらが看護師だとわかると、「新人ですが、よろしくお願いします」と言われることも。

同業者だからこそ、失敗に気がつくし、上手とか下手というのがわかるので、こちらが看護師だということを知っていて、新人を回すのはやめてほしいですね。

個人防護具や消毒剤の使い方や、ヘアスタイルなどが気になる

病院によって、制服や消毒剤の使い方やヘアスタイルが違うので、自分の病院と比較したり、サーベイヤーのように評価をつけたくなって、いろいろなことが気になってしまいます。

また、ナースコールなどの音が、鳴り続いている時間が長いと、「大丈夫かなあ」と思い、無性にソワソワしてしまうこともあります。

妊婦健診や出産は大学病院がオススメな理由

キャリアが長い看護師に妊娠健診や出産をどこで行うのが一番いいのか聞くと、高い確率で大学病院という答えがかえってきます。

大学病院なんて、高額だし、そんなに支払うメリットはあるの?と思われるかもしれませんが、やはり、産科以外の診療科や施設が充実していることから、大学病院のほうが安全ということで、勧められることが多いのです。

医学は進歩していますが、出産はいの地の危険が伴います。低体重出生児、無呼吸であったときに、NICUがなかったら、大きな病院へ緊急搬送です。この搬送時間の差は、将来大きな差になってしまう可能性があるのです。万全な対応ができる大学病院は、出産のリスクを最小限に抑えてくれます。

大学病院によっては、ハイリスクの妊婦さんしか受け入れをしていない場合があるので、入りたくても入ることができない場合もありますので、注意してください。

大学病院は、個人の産院のようにきめ細やかなサービスがなく、腹部エコーを毎回とらなかったりしますので、快適度は低いかもしれません。そのかわり、一流の医師や看護師のフォローを受けることができます。

病院選びも大事だけど、各種手続きは大丈夫ですか?

妊娠がわかって、どの病院がいいかしっかりとリサーチをされていると思います。それと同時に気にしなければならないことが、産休や育休をするときの各種手続きです。

産休や育休を取る場合、お給料はどうなるのか?育児休業給付金をもらう必要があれば、必要書類を提出しなければなりません。また、産休や育休を取るということは、仕事にちゃんと復帰する意思があるからもらうことができるものですが、戻ってくることができるのか?そういったことを、考えておかなければなりません。

ぜひ、以下の記事を参考にしてみてくださいね。

▲▲上に戻ってもう一度読み直す▲▲

当サイトでお申し込み数の多い転職サイト

ナースではたらこ 看護のお仕事

「できるだけ早く転職したい!」ならこのナースではたらこが良かったです。当サイトお申し込み数2位。対応エリアは全国。 詳細ページ

病院との交渉お任せもありで、忙しい看護師さんにとって本当に嬉しいサービス。当サイトお申し込み数1位。対応エリアは全国。 詳細ページ
看護師バイト・パート・派遣ならMCナースネット
MCナースネット看護師バイトや派遣系のお仕事であれば、ここで間違いなしです。※登録後の翌営業日辺りに電話連絡が来ますので、そちらから希望の条件を詳しく話すと、より良い条件のバイト案件を紹介してくれます。 詳細ページ
・1回3万円超の高額夜勤バイト
・時給2000円超の高額求人多数
・表には出てこないレアなバイトもたくさん!

⇒ 管理人がまとめた転職サイトのスペック比較表を見る

転職したいなら以下の記事もチェック
看護師転職看護師の履歴書の書き方!自己PR・志望動機・得意科目は?
面接看護師の面接必勝マニュアル!これで面接対策はバッチリ!
税金看護師転職時の年金・税金の処理方法!面倒な手続きもこれでわかる!
健康保険看護師転職時の健康保険手続き方法まとめ!
退職理由看護師の退職理由はどう話す?具体的な理由も紹介します!
給料アップ目指すなら以下の記事もチェック
給料看護師の副業でおすすめは?目指せダブルワーク看護師で年収1000万
給料アップ給料アップのための看護師転職!施設や診療科の狙い方
日本看護師の平均給料は安い?手取りは?高い県はある?
看護師バイトでお小遣い稼ぎするなら以下の記事をチェック
確定申告看護師の副業・バイトの確定申告やバレない税金の支払い方
罰金看護師の副業・ダブルワークは違法?罰則や罰金はある?
マイナンバー看護師の副業・ダブルワークはバレる?マイナンバー制度でどうなる?
ナース20代看護師におすすめのイベントナース!看護師単発バイト
ナースMCナースネットの口コミ・評価(看護師単発バイト・ツアーナース等に強い!)

コメントを残す

このページの先頭へ