看護師で育児休暇を取得するには?復帰までどれくらい期間をとれる?

看護師 育児休暇取得

つい数年前までは、出産後の女性は育児に専念するもので、子どもの手が離れるまでは家庭におさまるというのが世の常でありました。しかし近年では、共働きが普通となり、女性でも社会的地位のある方々がたくさん増えてきています。そのような社会となった今、看護師のみでなく、以前と比較して、様々な法律で定められた休暇は取得しやすい社会になってきたといえます。

看護師の世界では、今も慢性的な人員不足は持続しています。以前はなかなか、休暇の取得もできないのが現状でした。しかし現在はワークライフバランスの推進等により仕事と家庭を両立できてこそ、充実した仕事ができるといった考え方に看護師の世界も変化しているため、比較的休暇等はとりやすくなってきたように感じています。

さて現在の看護師の皆さんは、出産後の育児休暇はどれくらい取得し、復職されているのでしょうか。

育児休暇取得についての条件と知識

育児休暇を取得できる条件として「1年以上同じ雇用主に雇用されているか」「子どもが1歳に達する日を超えても引き続き雇用される見込みがあるか」という条件を満たしていれば、雇用形態が常勤ではなくても育児休暇は取得可能です。

育児休暇は育児介護休業法によって定められている法律となります。その内容としては、「産休終了後から子が1歳に達するまでの間取得できる」、「一人の子どもにつき取得できる育児休暇は一回限り」、「男女共に取得でき、配偶者と交替する形で取得する形が可能」、「子が実子であるか養子であるかは問わない」となっています。

ちなみに産後休業期間とは出産日の翌日はら8週間となっており、育児休暇には含まれません。

保育園の待機問題も社会問題になっているのですが、保育園に入れず、復職できないといった看護師さんも多いと思います。そのような場合には、子どもが16ヶ月になるまで育児休業が取得できるという法律もあります。

施設、病院によっては定められた期間以上の育児休業を取得できるところもあるようです。

育児休暇を所得する時のマナー

育児休業は育児休業後も、復職することが見込めるという事で取得できるので、育児を行っている中で様々な思いや考えもあると思いますが、復職し短くても半年以上は勤務する事がベストかと思われます。

ですので、育児休業を所得する前にしっかりとした自分のライフスタイルを予測し家族と共に考えておく必要があります。また、復職する予定であるなら、休暇後復帰した際の希望するワークスタイルや、雇用条件を直属の上司に相談いておくべきと考えます。

育児休業中は2~3ヶ月に一度は職場に顔を出し、現状報告する事で、育児休業から復帰後も自分の希望に近い働きやすい部署への配意を考えてくれるでしょう。

育児休業は実際どれくらいの期間所得できる?

現在、法律では育児休業は「産休終了後から子が1歳に達するまでの間取得できる」となっていますが、職場によってはいかがでしょうか?

以前と違い、取得しやすい環境になったと考えますがいかがでしょうか。

規模の大きな病院や公立病院では、休暇の取得条件などや福利厚生も整っているので、休暇は取得はしやすいのでしょうが、どうしても急性期病院は残業や、研修等で出産後に続ける事が困難と考え、退職を選択する場合も多くなってきます。

20代、30代の若い看護師さんが多く在籍しており、結婚、出産したら退職し、転職するケースが多いように思われます。

育児について復帰後、ご家族の協力が十分えら得るという事であれば、看護師をしてキャリア形成していく上では、規模の大きな職場に長く在籍しながら育児休暇を取得するほうが、その他のお祝い金なども充実していますし、福利厚生面では充実しています。

個人病院やクリニックなどは、ママさん看護師さんが多く様々な雇用形態で働いている看護師さんやもおられます。

子育てをしながら、働いている事が当たり前の看護師さんばかりですので、お互いに協力しながら勤務をこなしています。また病院自体も人員確保に力を入れていますので、できるだけ子育て中の看護師さんにも長期に勤務してもらおうとがんばっています。

雇用条件としてはママさん看護師さんに優しい条件になっています。

育児休業などの、法律的に定められた休暇の取得は可能ですが、その他の福利厚生が整っていない場合がありますので出産にまつわるお祝い金などは、病院施設によってそれぞれかと思われます。

育児休暇は法律的に定められた期間取得できます

職場によっては、人員不足であるため、早めの職場復帰を催促したり、いまだに妊娠したら退職をせまる職場もあるようです。

いずれにしても、育児休暇は育児介護休業法に定められた、法律で取得する権利を認められているものです。1年から1年6ヶ月の期間どうどうと育児を行い休暇をとってよいものです。できるだけ自分の権利を主張して、育児休暇を充実したものにして自分の看護師としてのスタイルを築きあげてください。

▲▲上に戻ってもう一度読み直す▲▲

当サイトでお申し込み数の多い転職サイト

ナースではたらこ 看護のお仕事

「できるだけ早く転職したい!」ならこのナースではたらこが良かったです。当サイトお申し込み数2位。対応エリアは全国。 詳細ページ

病院との交渉お任せもありで、忙しい看護師さんにとって本当に嬉しいサービス。当サイトお申し込み数1位。対応エリアは全国。 詳細ページ
看護師バイト・パート・派遣ならMCナースネット
MCナースネット看護師バイトや派遣系のお仕事であれば、ここで間違いなしです。※登録後の翌営業日辺りに電話連絡が来ますので、そちらから希望の条件を詳しく話すと、より良い条件のバイト案件を紹介してくれます。 詳細ページ
・1回3万円超の高額夜勤バイト
・時給2000円超の高額求人多数
・表には出てこないレアなバイトもたくさん!

⇒ 管理人がまとめた転職サイトのスペック比較表を見る

転職したいなら以下の記事もチェック
看護師転職看護師の履歴書の書き方!自己PR・志望動機・得意科目は?
面接看護師の面接必勝マニュアル!これで面接対策はバッチリ!
税金看護師転職時の年金・税金の処理方法!面倒な手続きもこれでわかる!
健康保険看護師転職時の健康保険手続き方法まとめ!
退職理由看護師の退職理由はどう話す?具体的な理由も紹介します!
給料アップ目指すなら以下の記事もチェック
給料看護師の副業でおすすめは?目指せダブルワーク看護師で年収1000万
給料アップ給料アップのための看護師転職!施設や診療科の狙い方
日本看護師の平均給料は安い?手取りは?高い県はある?
看護師バイトでお小遣い稼ぎするなら以下の記事をチェック
確定申告看護師の副業・バイトの確定申告やバレない税金の支払い方
罰金看護師の副業・ダブルワークは違法?罰則や罰金はある?
マイナンバー看護師の副業・ダブルワークはバレる?マイナンバー制度でどうなる?
ナース20代看護師におすすめのイベントナース!看護師単発バイト
ナースMCナースネットの口コミ・評価(看護師単発バイト・ツアーナース等に強い!)

コメントを残す

このページの先頭へ