看護師長になるには。年齢層や役割、業務内容、年収事情

看護師

看護師長は、昔は、婦長なんて呼ばれていました。以前は、看護師の仕事はほぼ100%女性でしたから、呼び方も看護婦でした。時代も変わりましたね。

看護師長は、どんな人がなることができて、どんな役割を担っているのでしょうか?今回は、看護師長の年齢層や、業務内容、そして、気になる年収について紹介していきます。

看護師長の役割とは

看護師長は、科にいる看護師をまとめる役割を担っています。小さな病院であれば、看護師長が病院にいるすべての看護師をまとめている場合もあります。

診療科がたくさんあるような大きな病院であれば、看護師長の上に、看護部長がいて、その人が病院のすべての看護師をまとめています。

役職を表にするとこんな感じ・・・

看護部長 病院の全看護師をまとめる
看護師長 それぞれの診療科に配置されており、科をまとめる
主任看護師 一般看護師をまとめる。看護師長の補佐的役割
一般看護師 看護業務を遂行する

看護師長の業務内容

  • 一般看護師の業務のチェック
  • 一般看護師のケア
  • 看護師組織としての目標を立てる
  • 人事や一般看護師の業務管理
  • 医療事故を事前に防止する

では、1つずつ詳しく紹介しましょう。

一般看護師の業務内容チェック

看護師長は、一般看護師の人たちが、正しく業務が遂行できているのかをチェックし、サポートをしていきます。一人一人が抱えている問題を改善できるように、手を貸し、看護師組織として、スムーズに仕事ができるようにします。

看護師業務においての決定権をもっているので、一般看護師からの情報をまとめて、的確な指示ができる必要があります。

一般看護師のケア

看護師の仕事は肉体的にも精神的にも、非常に疲労がたまりやすい仕事です。ですので、一般看護師をケアして、一致団結して仕事がこなせるように、看護師長はみんなをマネジメントしていく必要があります。

そのためには、他の業務が忙しくても、一般看護師と日頃からコミュニケーションを取ったり、リーダーシップ性を示していく必要があります。

特に、病院が大きくて、スタッフの数が多い場合は、特に、コミュニケーションをして、一人一人の状況を把握する努力が必要です。

看護師組織としての目標を立てる

看護師の仕事は、専門性がとても高く、チームワークがとても大切な仕事ですので、日々、スキルアップやチームワークの力をアップしていく必要があります。

そのため、看護師長は、病院全体の看護師のレベルを把握し、スキル向上を効果的に行えるように目標を立てて、目標達成のために指示を与えていきます。

人事や一般看護師の業務管理

看護師の仕事は、病棟どうしで、看護師が足りなくなったら応援を出したりなどの人事の調整から、誰をどこに配属するかや、新人看護師の面接などのメインの人事まで、人事のすべてをおこないます。

看護師一人一人のスキルを把握して業務を振り分けたり、優秀な看護師を採用して、長く続けてもらえるように工夫するなど、大切な仕事になります。

医療事故を事前に防止する

病院では、さまざまな医療器具や薬を使います。そして、患者さんによって、使う医療器具も薬もそれぞれ違います。間違った薬を間違った人に与えてしまうと、患者さんが命を落としてしまう危険もあります。

そういった人的ミスで重大な事故につながらないように、事前に防止するための施策をおこないます。たとえば、危機管理意識の徹底や、看護師の医療事故に関する認識、正しい医療器具や薬の管理など、徹底して教育を行います。

看護師長になっている人の年齢層

年齢で看護師長になれるわけではないのですが、ある程度、年月をかけてキャリアを積んでから、看護師長になることができます。

看護師長になっている人の年齢をチェックすると、たいてい40代が多いです。ちなみに、看護師長は一般企業でいうところの、課長に相当します。

病院によっては、看護副師長のポジションがあって、そのポジションになってからになるので、看護師長になれるのに、時間がかかる場合もあります。

逆に、30代で看護師長を任されている人もいますので、能力が高ければ早く出世することもあります。病院のやり方で出世の速さは全然異なってきますので、評価してもらえるところに行くことも大切です。

看護師長の年収とは?

看護師長の年収は、600万円から700万円が平均です。そして、月収が45万円ぐらいです。首都圏に行くと、もっと高くなる場合が多く、年収700万円から800万円ぐらいになります。

普通のOLの年収の倍以上ですから、お金の面でいうと、大きな魅力があります。

ただ、看護師長の仕事は多岐にわたり、すでに上で紹介したような大変な仕事が多いです。その仕事にやりがいを感じることができるのであれば、看護師長は魅力的なポジションであるといえます。

看護師長は、夜勤手当は出ず、役職手当になりますので、注意してください。

参考 【最新版】男性&女性看護師の平均月収・年収(年齢別)データまとめ

看護師長になるためには?

看護師長に早くなりたい場合、実は、転職することによって、看護師長になることができる場合もあります。求人サイトを確認してもらうとわかるのですが、看護師長の応募資格に、年齢制限が設けられていることはほとんどありません。

主任看護師の経験や、経験した病院の規模など、今までの経験が合致すれば、看護師長として採用される可能性は十分にあります。今、一般看護師だったとしても、最初は主任看護師として、採用から順番に獲得していけばいいのです。

転職で早くキャリアアップをしていきたい場合は、どこで何を経験するのかが大切です。たとえば、100床の未満の病院しか経験したことがないのに、200床ある病院の看護師長にはなれません。キャリアをどういう形で積んでいくのか、しっかりと計画を立てましょう。

看護師長クラスになると、求人を選ぶのも、業務内容や条件だけではなく、病院の規模やベッド数なども見ていく必要があります。看護師求人サイトを利用し、担当者から自分にあった病院を紹介してもらうほうが、求人は見つけやすいです。

また、看護師長の求人で良いものや、新病棟の求人などは、一般にはなかなか出ませんので、看護師転職サイトの利用は必須です。無料で登録は可能なので、複数登録しておくと安心です。

⇒ おすすめの看護師転職サイトを見てみる

▲▲上に戻ってもう一度読み直す▲▲

当サイトでお申し込み数の多い転職サイト

ナースではたらこ 看護のお仕事

「できるだけ早く転職したい!」ならこのナースではたらこが良かったです。当サイトお申し込み数2位。対応エリアは全国。 詳細ページ

病院との交渉お任せもありで、忙しい看護師さんにとって本当に嬉しいサービス。当サイトお申し込み数1位。対応エリアは全国。 詳細ページ
看護師バイト・パート・派遣ならMCナースネット
MCナースネット看護師バイトや派遣系のお仕事であれば、ここで間違いなしです。※登録後の翌営業日辺りに電話連絡が来ますので、そちらから希望の条件を詳しく話すと、より良い条件のバイト案件を紹介してくれます。 詳細ページ
・1回3万円超の高額夜勤バイト
・時給2000円超の高額求人多数
・表には出てこないレアなバイトもたくさん!

⇒ 管理人がまとめた転職サイトのスペック比較表を見る

転職したいなら以下の記事もチェック
看護師転職看護師の履歴書の書き方!自己PR・志望動機・得意科目は?
面接看護師の面接必勝マニュアル!これで面接対策はバッチリ!
税金看護師転職時の年金・税金の処理方法!面倒な手続きもこれでわかる!
健康保険看護師転職時の健康保険手続き方法まとめ!
退職理由看護師の退職理由はどう話す?具体的な理由も紹介します!
給料アップ目指すなら以下の記事もチェック
給料看護師の副業でおすすめは?目指せダブルワーク看護師で年収1000万
給料アップ給料アップのための看護師転職!施設や診療科の狙い方
日本看護師の平均給料は安い?手取りは?高い県はある?
看護師バイトでお小遣い稼ぎするなら以下の記事をチェック
確定申告看護師の副業・バイトの確定申告やバレない税金の支払い方
罰金看護師の副業・ダブルワークは違法?罰則や罰金はある?
マイナンバー看護師の副業・ダブルワークはバレる?マイナンバー制度でどうなる?
ナース20代看護師におすすめのイベントナース!看護師単発バイト
ナースMCナースネットの口コミ・評価(看護師単発バイト・ツアーナース等に強い!)

コメントを残す

このページの先頭へ