手術室(オペ室)看護師の仕事内容と求人・募集の探し方

手術室看護師

手術室(オペ室)で働く看護師といえば、ドラマでドクターから「メス」と言われて、メスを差し出している人をイメージしている人が多いかもしれません。

手術室看護師については、あまり情報が外に出てこないこともあり、同じ看護師をしていても、「手術室看護師ってどんなだろう・・・」と疑問に思っている人は少なくないと思います。

  • 実際にどんなことをしている人たちなのか?
  • 手術室看護師に向いている人はどんな人なのか?
  • 求人を探すときの注意点

などについて紹介していきます。

以下のリンクは看護師転職サイトです。看護師転職サイトには専門の転職コンサルタントが多数いて、あなたにぴったりの転職先を探してきてくれます。希望条件を伝えておけば、待っているだけで探してきてくれるので、是非活用してみてください。転職サイトによって、入職の条件が異なったり、担当者の交渉によって給料が提示されていたよりも高くなることもありますので、登録は両方しておくと、情報を得やすいです。サイトへは無料で登録ができます。

☆看護のお仕事

看護のお仕事 【対応エリア:全国】【当サイトお申し込み数No2】転職支援金が最大で12万円!看護のお仕事は病院との交渉もお任せもあります!忙しい看護師さんにとっては本当に嬉しいサービスです。その交渉力を活かしてか、働く前から職場の環境がどんな感じも調べてくれたこともあり、失敗の少ない転職が可能でした。また、転職後のフォローも丁寧!全国に13万件以上の豊富な求人情報を持つため、ぜひとも登録しておきたい転職サイトです。
>>看護のお仕事<詳細>はこちら
☆ナースではたらこ
ナースではたらこ 【対応エリア:全国】【当サイトお申し込み数No.1】できるだけ早く転職したい!」ならこのナースではたらこが良かったです。私の付いた担当者の腕が良かったからなのかもしれないですが、求人を紹介してくれるスピードが凄く早い!ただ、ナースではたらこは利用者も多いので、紹介された求人が埋まりやすいのが難点。ですから、出来る限り早めの転職希望者にはおすすめといえます。余談ですが、「担当者が合わないな~」と思ったら、あんしんサポート窓口で、コンサルタント変更希望要件を伝えることも可能なんです。
>>ナースではたらこ<詳細>はこちら

手術室(オペ室)看護師の仕事内容と必要なスキル

手術看護師には、「器械出し」をする人と、「外回り」をする人がいます。

器械出し

器械出しは、直接介助とも言われ、手術がスムーズに進むように、必要な器械をドクターに渡す仕事をします。まさに、ドラマで見る「メス」と言われて、メスを差し出す看護師さんのことです。

器械出しは、単にドクターに言われて出すのではなく、手術中の様子を見ながら、ドクターに言われる前に器械を準備し、手術が滞りなく進み、できるだけ時間の短縮につながるようにすることが求められます。そうすることで、患者さんの負担が減らすことができるからです。

手術によっては、使われる器械も当然変わります。全科の担当ができるようになるには、2年から3年はかかるのが一般的です。

器械出しは、ドクターに器械を渡すだけではありません。手術終了後は、器械や針、ガーゼなどがすべてそろっていることを確認し、数一致を確認するだけではなく、形に欠損しているところがないかもチェックする必要があります。

器械出しをする看護師には、器械の知識をつけることと、手術の状況を常に把握し、先を読みながら迅速かつ適切な行動ができること、そしてドクターとのコミュニケーションが円滑にできることが求められます。

ちなみに、手術室看護師の新人としてデビューした場合は、器械出しから始めることになる場合が多いです。

外回り

外回りとは、間接介助とも呼ばれ、器械出し以外の業務をすべて担当します。

業務を大まかに紹介すると、患者さんのケア手術チームや他の部署の連携をスムーズにします。たとえば、患者さんのケアでいうと、安全確保、急変時の対応があげられます。そして、手術チームや他の部署をつなぐ役割としては、手術の時に、病棟看護師からの引継ぎを受けたり、手術中は出血量を執刀医や麻酔医に適宜報告したり、輸血用血液製剤を取り寄せるなども行います。手術中の看護記録もつけます。

外回りを行う手術室看護師は、責任がとても大きいですし、精神状態が不安定な手術前の患者さんとも接します。患者さんが言葉にしないことも汲み取るコミュニケーション能力が必要です。そして、周囲を見渡しながら適切な行動と、臨機応変に対応する力が求められます。また、当然、仕事量も多いので、体力面での強さも必要ですし、繊細な仕事も多いので精神面での強さというのも必要になります。

外回りの看護師の仕事はこれ以外にもやるべきことが多岐にわたるため、手術室看護師として、経験を十分に積んだ人が担当します。

どんな人が手術室(オペ室)看護師に向いてるの?

看護師

手術室の看護師は、ものすごくスキルが必要なのではないか?看護師としても経験が十分にないとできないのではないか?と思われるかもしれませんが、経験が浅い人を手術室に配属する病院も多いです。

それは、他の看護師の仕事に比べて特異なことや、手術室看護師が不足しているという理由などがあげられます。

手術室看護師にどんな人が向いているかというと・・・

  • コミュニケーション能力がある
  • 責任が重くてもやっていける強いメンタルがあること
  • 体力があること
  • 集中力がある

患者さんや執刀医、麻酔医などとコミュニケーションができ、患者さんの命を預かる仕事ですから、日々勉強も必要です。手術によっては、10時間立ちっぱなしということもあり、その間集中力を切らさないようにするなど、仕事の内容は大変な面もあります。

ですが、それ以上に手術が成功した時には、大きな達成感を味わうことができます。そして、1人の命を助けるというやりがいはとても大きいです。実際に、手術室看護師として働いている人は、手術室業務の重要性を高く認識していますし、自分の仕事に誇りを持っている場合が多いです。

チームで仕事をすることにやりがいを感じたり、手術に関する看護を充実させたいとか、解剖生理学について勉強したいと思っている人には適した仕事です。

手術室(オペ室)看護師求人を探すうえで良くある質問・疑問

新卒や未経験でも手術室看護師になれるの?

病院によっては、一般病棟などである程度の経験を積まないとなれないという場合もあります。一方で、新卒でいきなり配属ということも多いです。覚えることもおおく体力も必要なので、若い人を望むケースがあるからです。

もし、あなたが新卒やあまり看護師としての経験もない場合には、看護師転職サイトの担当者に聞いておき、経験がなくても丁寧にサポートしてくれるのかどうかをチェックしましょう。病棟看護師と違って、情報が出回らないので、勤務状況など、転職サイトの担当者にしっかりと質問することがとても大切です。

>>看護師転職サイトに登録して担当者に質問する

夜勤はあるの?

夜勤があるかどうかは、病院によってかなり違いがあります。夜勤があるのは、緊急手術に対応する病院の場合が多いです。あなたが希望する病院では夜勤があるのかどうか、看護師転職サイトの担当者に聞く必要があります。また、自宅待機の日など、呼び出しがあって駆け付けなければならない日があるのかどうかをチェックしておきましょう。

ちなみに、通常のお休みは、手術室看護師の場合、土曜日や日曜日にお休みが取れることが多いです。

実際のところ、手術室看護師の給料ってどれくらい?

他の配属先の看護師よりも基本給は高めに設定されていますが、むしろ病院によっては夜勤がないこともあり、勤務先によっては、年収としては下がることもあります。夜勤やオンコール勤務がある場合には、高くなるケースあります。

給料相場は25万円~35万円前後です。年収は勤務体制などによって異なるけれども、400万円~500万円前後です。ちなみに、手術室看護師には、手術手当、危険手当、当直手当、待機手当など、手当はいろいろついています。

どちらかというと、お金のために働くというよりもやりがいを求めて働きたいスキルを身に付けたいという人向けです。手術室看護師は移動すると知識が役に立たないと言われますが、実際は、病棟に移動した看護師によると、手術室での経験や知識は、術後ケアでとても役に立っているといいます。

また、「手術室看護は看護の基本であり出発点である」とも言われているので、もしどこかに移動になったとしても、どこへ行っても恥ずかしくない、優れた看護師として自信をもって仕事ができます。なぜなら、本を読んでもちっとも理解ができない病態を、実際にその目で解剖を見ることができるのですから、解剖を見ることで病態がすんなり理解できます。病態がわかったら、看護もわかるようになるからです。

効率のよい手術室(オペ室)看護師求人の探し方

手術室看護師求人は数はそれほど多くないため、他の看護師求人とは違って、特に、自分で自力で探すには限界があります。そして、良い求人案件は通常非公開にされていることが多いので、非公開求人が多数ある転職サイトに頼ることが大切です。非公開求人は、転職サイトに登録して、適性があれば担当者から紹介を受けることができます。

また、どうしても手術室看護師求人は数が少ないので、複数の転職サイトに頼ることも必要です。「どの転職サイトを利用したらいいのかな・・・」と困っている人のために、評判の高い看護師転職サイトを、当サイトでは紹介しています。こちらで紹介している看護師転職サイトは、すべて登録も利用も完全無料ですので、登録して担当者に話を聞いてみましょう。

新しく求人を探し、入職する際にはたくさんのやるべきこともあると同時に、転職したばかりは、新しい場所で何かと不安もあるものです。看護師転職サイトを利用して転職した場合は、アフターフォローもしてくれますので、転職のプロに頼ることがとても大切です。

>>良い手術室看護師のお仕事がゲットできる看護師求人サイト一覧

<退職・転職時にやるべきことまとめ>

▲▲上に戻ってもう一度読み直す▲▲

当サイトでお申し込み数の多い転職サイト

看護のお仕事

病院との交渉お任せもありで、忙しい看護師さんにとって本当に嬉しいサービス。当サイトお申し込み数1位。対応エリアは全国。 詳細ページ
看護師バイト・パート・派遣ならMCナースネット
MCナースネット看護師バイトや派遣系のお仕事であれば、ここで間違いなしです。※登録後の翌営業日辺りに電話連絡が来ますので、そちらから希望の条件を詳しく話すと、より良い条件のバイト案件を紹介してくれます。 詳細ページ
・1回3万円超の高額夜勤バイト
・時給2000円超の高額求人多数
・表には出てこないレアなバイトもたくさん!

⇒ 管理人がまとめた転職サイトのスペック比較表を見る

転職したいなら以下の記事もチェック
看護師転職看護師の履歴書の書き方!自己PR・志望動機・得意科目は?
面接看護師の面接必勝マニュアル!これで面接対策はバッチリ!
税金看護師転職時の年金・税金の処理方法!面倒な手続きもこれでわかる!
健康保険看護師転職時の健康保険手続き方法まとめ!
退職理由看護師の退職理由はどう話す?具体的な理由も紹介します!
給料アップ目指すなら以下の記事もチェック
給料看護師の副業でおすすめは?目指せダブルワーク看護師で年収1000万
給料アップ給料アップのための看護師転職!施設や診療科の狙い方
日本看護師の平均給料は安い?手取りは?高い県はある?
看護師バイトでお小遣い稼ぎするなら以下の記事をチェック
確定申告看護師の副業・バイトの確定申告やバレない税金の支払い方
罰金看護師の副業・ダブルワークは違法?罰則や罰金はある?
マイナンバー看護師の副業・ダブルワークはバレる?マイナンバー制度でどうなる?
ナース20代看護師におすすめのイベントナース!看護師単発バイト
ナースMCナースネットの口コミ・評価(看護師単発バイト・ツアーナース等に強い!)

このページの先頭へ