知っておきたい!精神科看護師に転職するメリットと仕事内容(給料やキャリアアップ)

精神科看護師

精神科では、精神的に不安定な患者さんに対して、カウンセリングや投薬などの治療がメインで行われていますので、医療行為が少なく、落ち着いた職場である病院が多いことが特徴です。

精神科で働く前は、精神科の病院に対して、「怖い」とか「暗い」というイメージを持たれている人の声も多く聞きます。確かに、開放病棟もあれば、隔離病棟もあり、ドラマなどでも、隔離病棟はなんだか暗くて冷たい印象をもつような描かれ方をしていますが、そんなことはありません。他の診療科よりも、患者さんとゆっくりと向き合いコミュニケーションを取ることが大切ですので、職場の環境もチームでのコミュニケーションを大切にしているところが多いです。

それでは、精神科看護師の仕事内容とメリットについて紹介していきましょう。

精神科看護師の仕事内容

病棟かクリニックかで仕事内容が異なります。

病棟の場合

精神科は、大きく分けると急性期と慢性期の病院があるのですが、病棟があるのは、たいてい急性期になります。また、病棟は開放病棟、閉鎖病棟、思春期に特化した病棟など、さまざまなタイプがあります。

基本的な仕事としては、食事や入浴などの生活のサポートに加え、買い物やお金の管理もしていく必要があります。精神科でのメインの治療は投薬になりますので、薬の指導も行います。精神科では、看護師は患者さんの一番身近な存在として、コミュニケーションを取ることも大切な仕事です。

また、カウンセリングでの治療の途中で患者さんが興奮して暴れ出すこともあるので、看護師は止めに入ることもあります。

クリニックや外来の場合

クリニックや外来の場合は、医師の診察補助がメインの業務です。そして、薬の説明なども行います。クリニックや外来でも、精神科に通う患者さんは長い通院生活を行う場合が多いですので、良好な関係を築くために、コミュニケーションをとることも重要な役割となります。

クリニックで入院施設を持たない病院の場合、それほど重症な患者さんは来ないだろうと考えてしまうかもしれませんが、精神科は心の異常を強く感じている人が来る場合が多いので、病棟と同じで、患者さんが興奮して暴れてしまうことがあれば、抑止力として働くことが求められます。

精神科で働くメリット

高いコミュニケーション能力が身につく

精神科には、精神的に不安定な患者さんが来ますので、最初は話しかけても無視されたり、なかなか打ち解けられないことも少なくありません。そういった方の相手をしていると自然に観察力が身につき、コミュニケーション力が上がります。

他の診療科でも、コミュニケーションはとても重要なのですが、精神科では特に、患者さんに対する言葉は、慎重に選び、発言する必要があるので、高いコミュニケーション能力が身につきます。

初めて精神科に入る看護師は、コミュニケーションが難しいと言うかたが多いですが、日常のことなので、すぐになれます。他の診療科に移ったときにもとてもためになるスキルです。

薬に関する専門知識がつく

精神科では、基本的には投薬治療がメインになります。多くの種類の薬を扱いますし、患者さんに合う薬の種類はそれぞれ異なり、組み合わせの仕方も違います。投薬治療を始めた初期のころは、様々な薬の組み合わせを患者さんの様子を見ながら、試行錯誤をして考える期間となります。そのため、患者さんが飲む薬が頻繁に変わるので、それを管理することが大切な仕事になります。

また、医師が薬を処方しますが、患者さんから薬の情報は必ず質問される機会がありますので、薬についての知識は嫌でもついていきます。

自分をコントロールする力がつく

精神科では、精神的に不安定な患者さんがパニックになって、看護師に暴言をあびせたりすることもありますし、暴れてしまうこともあります。こういったことがあっても、看護師は冷静に職務を全うしなければなりません。適切に看護していくために、冷静に患者さんと接する必要がありますので、自分の感情をコントロールすることができるようになります。

また、状況を客観的に把握し、今、自分がやるべきことを見極める力もつきます。

どんなが人が精神科看護師に向いているのか?

肉体的にも精神的にタフであること

上ですでに紹介したように、病気のせいで、突然、患者さんが暴れたり、他の患者さんに危害を及ぼす危険性があります。そのため、看護師は止めに入ることがありますので、肉体的に強くなければ務まりません。病院によっては、危険手当がつくところもあるぐらいです。他の診療科では、女性の看護師が多いですが、精神科の場合は、男性看護師の割合が高くなることが特徴です。

また、患者さんに暴言を浴びせられることもありますので、うまく受け流したりすることができる、精神的にタフな面も必要です。

患者さんと長く付き合えるコミュニケーション力がある

精神科は、基本的に長く通院することになりますので、長期間にわたって、患者さんと良好な関係を築くことが必要です。特に、精神科の場合は、投薬治療もありますが、カウンセリングも主な治療になってきます。

そのため、患者さんにとって、簡単に別の病院にかえるということが難しいものです。もし、病院をかわった場合は、治療も仕切り直しということになる場合があり、新しい医師と信頼関係をまずは築いていくところからのスタートになるので、治療に大幅な遅れが出ます。

ですので、特別コミュニケーション能力が高くなくても大丈夫ですが、患者さんと長く付き合えるようなパーソナリティを持った人のほうが、より向いているといえます。

一般的な看護師のスキルを自分でキープできる

精神科では、投薬治療やカウンセリングが中心で、点滴や採血や注射などの医療行為を行う機会は少ないです。そのため、看護師としてのスキルは身につけにくいですし、基本スキルや知識も抜けがちになります。ですので、自分で看護師のスキルをキープするための努力を行う必要があります。また、看護師としてのスキルアップを望んでいるのであれば、自己研磨が必要です。

ただ、精神科は、需要が増えてきていますので、一般的な看護ではなくて、精神科で自分らしい看護のスタイルをつくっていきたいという人に向いています。

精神科求人・募集を探すうえでよくある質問・疑問

新人看護師や未経験でも精神科で働ける?

新人看護師や未経験でも、精神科で働くことは可能です。安定している患者さんの受け持ちから任せてもらえるような、未経験なことを配慮して業務を割り振っているところもあります。新人看護師や未経験でも可能であることをアピールしていたり、教育体制が充実している病院を選ぶことが大切です。

ただ、新人看護師の場合は、基本的な看護師のスキルをみにつけるために、他の科を勧められる場合も多いので、新人看護師の場合は、よく相談して決めましょう。

精神科と心療内科の違いは?

精神科は、心に疾患を抱えている人の治療を行うところです。身体は問題がなくて、たとえば、うつ病や不眠などは精神科で主に治療が行われます。

心療内科では、精神的なものから身体に異常が出ている人を治療するところです。たとえば、胃炎や気管支炎などの物理的障害が生じてしまっている状態を治療します。

急性期と慢性期の違いは?

精神科では、大きく急性期と慢性期に分けられます。基本的には慢性期であれば夜勤がなく、外来の仕事になることが多いです。

急性期の場合は、仕事もハードなことも多く、残業もあります。ですが、大変な分、急性期のほうがやりがいを感じられるし、患者さんが良くなっていくところを見られるというメリットがあります。

実際のところ、精神科看護師の給料ってどれぐらい?

精神科の給料は、基本的には他の診療科とかわりません。ですが、病院によっては、特別手当がつくこともありますし、危険手当がありますし、特に都心ではボーナスが高いことで有名で、年収500万円や600万円もらえる職場もあります。慢性期では、夜勤がない場合が多いので、年収が高くなるのは主に、急性期になります。

ちなみに、アルバイトやパートの相場に関しては、他の診療科よりも高くなることが多いです。

以下に、看護師の平均月収と年収のデータをまとめましたので、参考にしてみてください。

>>>看護師の平均月収・年収データまとめ

年収アップを目指すには?

精神科は特別手当を出している病院としては、精神看護専門看護師の資格を有している場合があげられます。

精神看護専門看護師とは、精神看護分野において、治療や看護に携わる関係者の調整や、看護師などの相談や教育、患者やその家族の倫理調整を行う技能をもつと認定する資格です。

受験資格を得ることが難しいのですが、合格率は90%以上と非常に高いので、年収アップを目指すためには取得しておきたい資格です。

効率の良い精神科看護師求人の探し方

精神科の場合は、クリニックなのか総合病院なのかや、急性期か慢性期でも仕事内容が大きく異なってきます。また、どんな病棟があるのかでも異なることも多いです。アルコール依存症の患者さんに特化した病棟があるところもあれば、思春期の子供に特化した病棟があるところなど、病院によって異なりますので、事前のリサーチが非常に重要です。

ですが、病院や働く環境についての重要な情報は、自分自身の力だけでは、どうしても集めきれません。良い求人を見つけるためには、看護師転職サイトを利用し、転職の専門家を通して転職活動をするほうがうまくいきます。

特に、精神科の場合は、症状が重い患者さんを多く診察している病院では、看護師が危険な目にあってしまう可能性も少なくありません。どのような患者さんを診察しているのかを事前にしっかりと知っておくことがとても重要です。

「実際のところ、精神科看護師の給料ってどれぐらい?」のところでも紹介したように、給料が高い病院もありますので、募集要項とあなたの条件が合えば、待遇のいい、非公開求人を紹介してもらうこともできます。

看護師転職サイトは、無料で登録や利用ができますので、まずは登録をしておきましょう。

精神科

>>>希望条件の転職先を探すために!転職サイトまとめ

<退職・転職時にやるべきことまとめ>

▲▲上に戻ってもう一度読み直す▲▲

当サイトでお申し込み数の多い転職サイト

ナースではたらこ 看護のお仕事

「できるだけ早く転職したい!」ならこのナースではたらこが良かったです。当サイトお申し込み数2位。対応エリアは全国。 詳細ページ

病院との交渉お任せもありで、忙しい看護師さんにとって本当に嬉しいサービス。当サイトお申し込み数1位。対応エリアは全国。 詳細ページ
看護師バイト・パート・派遣ならMCナースネット
MCナースネット看護師バイトや派遣系のお仕事であれば、ここで間違いなしです。※登録後の翌営業日辺りに電話連絡が来ますので、そちらから希望の条件を詳しく話すと、より良い条件のバイト案件を紹介してくれます。 詳細ページ
・1回3万円超の高額夜勤バイト
・時給2000円超の高額求人多数
・表には出てこないレアなバイトもたくさん!

⇒ 管理人がまとめた転職サイトのスペック比較表を見る

転職したいなら以下の記事もチェック
看護師転職看護師の履歴書の書き方!自己PR・志望動機・得意科目は?
面接看護師の面接必勝マニュアル!これで面接対策はバッチリ!
税金看護師転職時の年金・税金の処理方法!面倒な手続きもこれでわかる!
健康保険看護師転職時の健康保険手続き方法まとめ!
退職理由看護師の退職理由はどう話す?具体的な理由も紹介します!
給料アップ目指すなら以下の記事もチェック
給料看護師の副業でおすすめは?目指せダブルワーク看護師で年収1000万
給料アップ給料アップのための看護師転職!施設や診療科の狙い方
日本看護師の平均給料は安い?手取りは?高い県はある?
看護師バイトでお小遣い稼ぎするなら以下の記事をチェック
確定申告看護師の副業・バイトの確定申告やバレない税金の支払い方
罰金看護師の副業・ダブルワークは違法?罰則や罰金はある?
マイナンバー看護師の副業・ダブルワークはバレる?マイナンバー制度でどうなる?
ナース20代看護師におすすめのイベントナース!看護師単発バイト
ナースMCナースネットの口コミ・評価(看護師単発バイト・ツアーナース等に強い!)

このページの先頭へ