看護師の副業・バイトの確定申告やバレない税金の支払い方

看護師

看護師として働きながら、副業やバイトをしている場合、確定申告をしなければなりません。

ここで気をつけておきたいのが、税金の支払い方によっては、本業の勤め先に、副業をしていることがばれてしまう可能性があるので、確定申告の時にしっかりと手続きをしておく必要があります。

どのようにすれば、勤め先に副業をしていることをバレないようにできるのか?そして、確定申告のやり方など、多くの人が疑問に持っている確定申告にまつわることについて紹介していこうと思います。

いくらぐらい稼いだら確定申告をすべきなのか?

確定申告は、1月1日から12月31日までの1年間で、あなたが副業での給与所得が20万円を超えた場合に行う必要があります。

一般的には、副業収入が年間20万円未満の場合は、確定申告をする必要はないのですが、病院にバレたくないなどがあれば、20万円にみたなくても確定申告をおこなっておく必要があります。

なぜなら、住民税からバレてしまう可能性があるので、手続きをしておいたほうがいいのです。

また、医療控除を受けたいなど、税の優遇措置を受けようと思ったら、20万円以下であっても確定申告をする必要があります。

確定申告のやり方

確定申告は年に1回行います。

提出期限

翌年2月16日から3月15日までに行い、住民票の住所を管轄している税務署に提出します。

3月に入ると、確定申告をする人が増えるので、なるべくスムーズに手続きを終わらせるためには、2月中におこなうと混雑を避けられます。

確定申告書の書類を不備なく書くことができたり、申告の作業にされている場合は、確定申告書を郵送したり、電子証明書やICカードリーダライタがあればe-Taxによる申請が可能です。

確定申告書作成

確定申告書は、書類を手で書くよりも、インターネット上で作成をするほうが、必要な金額を入力するだけで、税額などが自動的に計算され、それを印刷するだけで簡単に書類が完成します。

国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」から作成することができます。

病院に副業をしていることをバレないように住民税を支払う方法

副業をしていることが病院にバレてしまう原因が住民税です。

住民税は、所得によってかわります。副業で稼いだ分にかかる住民税を自分で支払わなかったとき、本業の病院のほうに請求がいってしまうので、副業をしていることが発覚してしまうのです。

そのため、確定申告のときに、住民税をどのように支払うのかを自己申告しておくことが大切です。住民税の支払い方法は、普通徴収と特別徴収があるのですが、必ず自分で税金を納付する「普通徴収」にチェックをいれて、提出します。

市区町村によって異なりますが、チェックを入れ忘れると自動的に特別徴収になってしまいます。

自分で税金を支払う普通徴収にしておいたら、本業の病院に副業をしていることが税金からバレることはありません。

所得の種類での注意点

副業がアルバイトであったら、所得の種類が「給与所得」という項目になります。

本業の病院の給与所得ではないのに、給与所得としたことによって、本業の病院の給与所得のほうと合算して、通知が行ってしまう可能性がありますので、必ず確定申告の時に電話などで市区町村に質問をするようにしましょう。

副業がキャバクラなどの場合

看護師で、たまにキャバクラやホステスについて質問がありますので、細かいですが、キャバクラやホステスの確定申告の時の注意点を紹介しておきます。

副業がキャバクラやホステスやスナックの場合、報酬支払調書というものが必要になります。他の副業の収入と、税法上少し違いがあり、ホステス報酬と呼ばれています。

報酬支払調書には、報酬がいくら支払われて、いくら税金を納めましたよというものが書かれています。

1年で50万円以上稼ぐと、勤め先から提出してもらわなければなりませんので注意しましょう。たまに、提出してもらえないところがあるそうなのですが、そのときは、自分で支払明細を提出しなければなりませんので、支払明細をきちんと保存しておきましょう。

キャバクラやホステスで働いている場合は、1年の所得が20万円に満たなくても、確定申告をしておきましょう。ちなみに、ホステスやキャバクラの所得の種類は、源泉徴収票をもらわなかった場合は雑所得として申告します。

⇒ 看護師の副業 夜のキャバクラやスナックがバレたら?

マイナンバー制度は関係があるの?

看護師で副業やダブルワークをしている場合、マイナンバー制度によって、何か確定申告や税金などの手続きが変わると勘違いしている人も少なくないのですが、マイナンバー制度が導入されたからといって変化はありません。

マイナンバーカードを作っていても同様です。

詳しくはこちらで紹介しています。

⇒ 看護師の副業・ダブルワークはバレる?マイナンバー制度でどうなる?

これからバイトを探そうと思っている看護師さんへ

看護師のバイトには、短期集中で報酬が大きなものや日給が高額なものが数多くあります。若い看護師であれば、病院以外での出会いを求めてやっている人もいますし、ベテラン看護師も、割にいいと利用している人が多いです。

イベントのときの救護所での仕事など、病院とは違った雰囲気の中で働くことができる求人もあり、息抜きにもなります。

街中のフリーペーパーでは、なかなか質の良い看護師のバイトの求人はみつかりませんので、以下の転職サイトで探すといいです。特に、MCナースネットは、看護師バイトを見つけやすいです。

看護師バイトをみつけやすいサイト人気TOP3

副業やダブルワークでがっつり稼ぎたい看護師さんへ

バイトというよりも、もう少し真剣に副業やダブルワークとして、しっかりがっつり稼ぎたいという場合もありますよね。副業やダブルワークでは、病院の夜勤が人気です。

病院によっては、夜勤の人員配置がうまくいっておらず、休憩が思うように取れなかったりする求人がありますので、そういった病院を選ばないようにすることがとても大切です。

どの病院でも、看護師が不足しており、オーバーワークをさせられてしまっているところもありますので、注意したいです。

副業としてしっかり働きたい場合でも、体調を崩し、本業に支障をきたしてしまっては元も子もありませんので、シフトの融通がききやすいものや、週に働かなくてはならない日数が少なくても大丈夫なものを選ぶなど、転職サイトの担当者に相談しながら決めるほうが安全です。

副業やダブルワークの求人が見つけやすいサイトTOP3

▲▲上に戻ってもう一度読み直す▲▲

当サイトでお申し込み数の多い転職サイト

ナースではたらこ 看護のお仕事

「できるだけ早く転職したい!」ならこのナースではたらこが良かったです。当サイトお申し込み数2位。対応エリアは全国。 詳細ページ

病院との交渉お任せもありで、忙しい看護師さんにとって本当に嬉しいサービス。当サイトお申し込み数1位。対応エリアは全国。 詳細ページ
看護師バイト・パート・派遣ならMCナースネット
MCナースネット看護師バイトや派遣系のお仕事であれば、ここで間違いなしです。※登録後の翌営業日辺りに電話連絡が来ますので、そちらから希望の条件を詳しく話すと、より良い条件のバイト案件を紹介してくれます。 詳細ページ
・1回3万円超の高額夜勤バイト
・時給2000円超の高額求人多数
・表には出てこないレアなバイトもたくさん!

⇒ 管理人がまとめた転職サイトのスペック比較表を見る

転職したいなら以下の記事もチェック
看護師転職看護師の履歴書の書き方!自己PR・志望動機・得意科目は?
面接看護師の面接必勝マニュアル!これで面接対策はバッチリ!
税金看護師転職時の年金・税金の処理方法!面倒な手続きもこれでわかる!
健康保険看護師転職時の健康保険手続き方法まとめ!
退職理由看護師の退職理由はどう話す?具体的な理由も紹介します!
給料アップ目指すなら以下の記事もチェック
給料看護師の副業でおすすめは?目指せダブルワーク看護師で年収1000万
給料アップ給料アップのための看護師転職!施設や診療科の狙い方
日本看護師の平均給料は安い?手取りは?高い県はある?
看護師バイトでお小遣い稼ぎするなら以下の記事をチェック
確定申告看護師の副業・バイトの確定申告やバレない税金の支払い方
罰金看護師の副業・ダブルワークは違法?罰則や罰金はある?
マイナンバー看護師の副業・ダブルワークはバレる?マイナンバー制度でどうなる?
ナース20代看護師におすすめのイベントナース!看護師単発バイト
ナースMCナースネットの口コミ・評価(看護師単発バイト・ツアーナース等に強い!)

このページの先頭へ