育児休暇から復帰後に、育児が理由で看護師夜勤免除は可能?

夜勤

看護師のお仕事を、続けること事態が非常に困難であるのに、子育てしながら仕事を続けている看護師の方々には、頭が下がりますし尊敬しますね。

育児休暇が明けても、出産前と同じく、夜勤をこなしている看護師さんもおられますね。一体どんな生活しているんだろうとか、仕事でも忙しいのに家に帰ってまでずっと忙しいのでしょうと心配してしましまいます。

しかし子育て中にフルで夜勤しながら看護師の勤務をこなすには、ご主人の理解やご両親や親族がどこまで協力してくれるか、それと今話題の、保育園の問題をクリアしないと、働ける環境ではないように思われます。これらが1つでも欠けてしまえば、自分自身が補っていかないとならなくなりますね。

では実際に、誰も協力なしに夜勤をこなしながらの看護師のお仕事が続けられる事ができるでしょうか。こうなると何らかの形でワークスタイルを変えていかないと、仕事と育児の両立は難しいですね。

さて、育児休暇後に夜勤をしなくて勤務を続ける事ができるでしょうか。法律的な見解を踏まえて考えてみましょう。

育児中の勤務形態の変更はできる?

以前は、育児休暇後に職場復帰する時には、病棟以外の夜勤のない部署に異動(例えば外来とか透析センターとか手術室など)させられるというパターンが多くありました。

最近では、看護師の確保の問題もあり、比較的自分の希望の部署で、自分の働きやすい条件で働けるようです。そのため病棟でも日勤のみで育児休暇後に働いている看護師さんは多くみかけます。

育児のために時短勤務をしている看護師さんも病棟で勤務しておられますし、現在は、育児中など、お子さんの小さい方も病棟では働く事ができ、勤務状況も自分のライフスタイルやイベントに応じて変える事ができるような職場の雰囲気に変ってきています。

共働きをする看護師さんも多い世の中になってきた事も一つの要因になてきたように思われます。

法律的に夜勤免除はできるの?

看護師にかかわらず、世の中で夜勤をしている労働者に対しての法律として、労働基準法と、育児、介護休業法で取り決められている事項があります。

いずれにしても、従業員から申し出る事が必要ですので、この法律をよく理解して、復職前に看護部又は、師長さんに申し出る必要があります。

育児・介護休業法で、第16条、第23条では3歳未満の子供の養育している場合は時間外勤務の免除や1日の労働時間を6時間とするなどが定められています。

夜勤についてですが、深夜業午後10時から午前5時までの勤務を免除できるとなっています。「小学校就業前までの子を養育する従業員が申し出た場合は事業主は深夜業務をさせてはならない」と定められています。お子さんが小学校入学までは、夜勤を免除してもらえる事ができるという事です。

法律で定められていても、なかなか自分の要望は伝えにくいところもあります。

自分が働いていたもといた病棟で働く事が、一番現場復帰しやすいのかも知れませんが、職場風土として、あなたの様々な条件についてスタッフが協力してくれる雰囲気なのかどうかにも関係してきますね。

いっそのこと別の部署、例えば外来とかの夜勤のない部署に異動して育児に専念しながら、仕事していったほうが育児も仕事も充実する可能性もありますね。

就業規則って見たことありますか?

どこの病院でも、就職すると就業規則が配られます。

これってあまりじっくりと目を通したりする事がないですね。

有給休暇とか、退職金のあたりはよく見られているのでしょうか。

入職した時にある程度の就業規則の内容を把握して質問しておくことも重要です。

結婚していて将来、自分が妊娠出産する可能性がある場合は特に目をとおしておきましょう。

出産後に他の病院に転職する場合は、看護師転職サイトに登録して担当者に自身の要望を伝え、希望する施設や病院の福利厚生や子育て中の支援などについて詳しく情報提供してもらいましょう。

このような情報は自分ひとりでの転職活動ではなかなか得る事ができません。お子さんがいる場合の転職はかなりの労力を使います。そしてできるだけ転職後には長く仕事を続けたいはずです。ですので自分の条件にライフスタイルにあった施設、病院をコンサルタントに見つけてもらうことが先決ですね。

⇒ おすすめの看護師転職サイトまとめ

働くママさん看護師が多い職場は協力体制が整っている

転職する際や、育児休暇後に復職する際は、できるだけママさん看護師さんが多い病院や施設、部署に転職なり、異動するとママさん看護師さんは残業をできるだけしたくないので各自が時間管理をしっかりと行うので残業時間が短いです。

また、看護師の仲間がお互い子育て中であるため協力体制がしっかりとしているためできるだけ残業にならないような協力やお子さんが急な熱がでて勤務に支障をきたす時も「お互い様」という雰囲気で仕事がしやすい環境にあるといえるでしょう。

▲▲上に戻ってもう一度読み直す▲▲

当サイトでお申し込み数の多い転職サイト

ナースではたらこ 看護のお仕事

「できるだけ早く転職したい!」ならこのナースではたらこが良かったです。当サイトお申し込み数2位。対応エリアは全国。 詳細ページ

病院との交渉お任せもありで、忙しい看護師さんにとって本当に嬉しいサービス。当サイトお申し込み数1位。対応エリアは全国。 詳細ページ
看護師バイト・パート・派遣ならMCナースネット
MCナースネット看護師バイトや派遣系のお仕事であれば、ここで間違いなしです。※登録後の翌営業日辺りに電話連絡が来ますので、そちらから希望の条件を詳しく話すと、より良い条件のバイト案件を紹介してくれます。 詳細ページ
・1回3万円超の高額夜勤バイト
・時給2000円超の高額求人多数
・表には出てこないレアなバイトもたくさん!

⇒ 管理人がまとめた転職サイトのスペック比較表を見る

転職したいなら以下の記事もチェック
看護師転職看護師の履歴書の書き方!自己PR・志望動機・得意科目は?
面接看護師の面接必勝マニュアル!これで面接対策はバッチリ!
税金看護師転職時の年金・税金の処理方法!面倒な手続きもこれでわかる!
健康保険看護師転職時の健康保険手続き方法まとめ!
退職理由看護師の退職理由はどう話す?具体的な理由も紹介します!
給料アップ目指すなら以下の記事もチェック
給料看護師の副業でおすすめは?目指せダブルワーク看護師で年収1000万
給料アップ給料アップのための看護師転職!施設や診療科の狙い方
日本看護師の平均給料は安い?手取りは?高い県はある?
看護師バイトでお小遣い稼ぎするなら以下の記事をチェック
確定申告看護師の副業・バイトの確定申告やバレない税金の支払い方
罰金看護師の副業・ダブルワークは違法?罰則や罰金はある?
マイナンバー看護師の副業・ダブルワークはバレる?マイナンバー制度でどうなる?
ナース20代看護師におすすめのイベントナース!看護師単発バイト
ナースMCナースネットの口コミ・評価(看護師単発バイト・ツアーナース等に強い!)

コメントを残す

このページの先頭へ