むくみに悩む看護師におすすめしたい着圧ストッキングはコレ

メディキュットやキュットスリムなどは必ず紹介するようにお願いします。

看護師は基本的に立ち仕事なので、仕事終わりは足のむくみで痛い・・・という人も多いですよね。

立ったり、座ったりがもう少し自由にできたら楽なのでしょうけれども、なかなかゆっくりと座っていられることも少ないですし、2交替の夜勤なんて、朝までなかなか休憩が取れなくて、横になる時間もなかったという経験も少なくないと思います。

今回は、むくみに悩む看護師にオススメの着圧ストッキングを紹介します。

なぜ、むくむのか?

女性で足のむくみが木になる人が多いですが、なぜ、女性は足がむくみやすいのでしょうか?

それは、心臓から足に流れていった血液が、心臓に血液が帰って行くわけですが、重力に逆らって戻ってくるのはとても大変です。女性の場合は、ふくらはぎの筋肉が少ないので、戻る力も小さくなります。

血液がうまく心臓に戻ることができないと、うっ滞が起こって、足の静脈の圧力が上がります。すると水分が血管外に押し出されるので、その押し出された水分によってむくみになるのです。

むくみを抑える3つのポイント

  1. 静脈系を活発にする
  2. リンパ管系を活発にする
  3. 皮下組織圧を一定にする

静脈系を活発にする

血液がうまく心臓に戻ることができていないわけなので、少し時間があれば、できるだけ足を心臓よりも上にあげるようにしましょう。1日に1度あげるよりも、ちょこちょこ、上にあげるほうが良いです。

むくみを溜め込んでしまうと、解消するのが難しくなるので、少しでも休憩時間ができたら、上げるように工夫をすることで、仕事終わりの足の違和感や、痛さがとても軽減されます。

また、ふくらはぎのポンプ機能を使ってあげるために、歩くことも大切です。ダラダラと歩くのではなくて、リズミカルに歩くことが大切です。より、歩く効果をあげたい場合は、着圧ストッキングを使うと、適度なマッサージ効果を得ることができます。

着圧ストッキングは、正しい使い方をしないと、逆効果になってしまうこともありますので、後ほど、ストッキングの選び方を紹介します。

リンパ管系を活発にする

リンパ菅系は、皮下組織にある不要な物質が流れて行くところですが、これを流してあげるには、マッサージをするのが一番です。

最近、リンパドレナージュなんて、よく聞くようになりましたよね。私はスポーツジムに通っているんですけど、そこで、リンパドレナージュを受けることができるのですが、足のむくみがひどいと、施術を受ける前と後で、足の細さが変わります。

特別な器具を使わなくても、心臓に向かって、皮膚を優しくマッサージしてあげるだけでも、かなり違います。

皮膚を傷つけないためにも、クリームを塗ってマッサージをすると良いですね。

皮下組織圧を一定にする

皮下組織圧というのは、皮膚の緊張度と考えてください。

水分が血管外に押し出されるので、その押し出された水分によってむくみになると、紹介しましたが、皮下組織圧があれば、押し出されそうな水分を逆に押し返すことができます。女性の場合は、その力が小さいこともむくみやすい原因になります。

なので、着圧ストッキングで、押し返す力を補ってあげると足のむくみがひどくなりにくくなります。

着圧ストッキングが大事!

上のむくみを抑えるポイントで、「着圧ストッキング」が大事なんだというのが、なんとなくわかったのではないでしょうか。

着圧ストッキングを日頃愛用しながら、たまに、マッサージも取り入れてあげるという感じにすると良いですね。

また、着圧ストッキングを履いていても、心臓よりも下にある足は、どうしても血液が心臓に戻って来にくいので、着圧ストッキングを履いていても、休憩中はできれば足を上にする時間を作ることが大切です。

着圧ストッキングの選び方

医療用着圧ストッキングを扱っている看護師さんもおられると思うので、非医療用の着圧ストッキングでも、選び方や使い方を間違えたら、健康に良くないし、逆効果になるというのも、ご存知だと思います。

着圧ストッキングは、圧力が強いものを履くと、うっ滞をひどくしてしまったり、むくみを促進してしまうので、選ぶときはサイズなど、注意して選ぶことが大切です。

着圧ストッキングの選び方のポイント

  • 就寝時は20mmHg以下
  • 通常時は20〜30mmHg
  • 皮膚のかぶれや、巻き爪が悪化してしまいそうな場合は使用を中止する
  • 違和感を感じたらすぐに脱ぐ
  • 最初は、圧力が小さいものから使う

オススメの着圧ストッキング

せっかくなので、オススメの着圧ストッキングを紹介しておきます。

個人的には・・・

  • メディキュット
  • キュットスリム

がオススメです。

メディキュットは、シーンに合わせて、圧力が違うものが用意されており、しかも選びやすいので私は気に入って使っています。季節に合わせて、ひんやりタイプか、あったかタイプも選ぶことができるので、履いていて気持ちが良いです。

また、長さも選択できます。膝下までのものと、太ももまでのもの、そして、骨盤までガードされるものまであります。個人的には、太ももまでのものがお気に入りです。

キュットスリムは、一見普通のパンストなので、病院に履いて行きやすいです。女性誌でもよく宣伝されていて、ロングセラー商品もあって、愛用者がとても多いです。

普段使いなら、キュットスリムを使って、お家や就寝時は、メディキュットが良いと思います。素材的には、メディキュットの方が破れにくいので、キュットスリムのパンストは、仕事用で大事に履いたらいいかなと思います。

着圧ストッキング使用の感想

私は、自宅では、メディキュットを履いて、外出中の時は、着圧ストッキングを履いたり、履かなかったりということが多いです。

また、足のマッサージができない日は、メディキュットを履いて寝ますが、マッサージができる時は、履かないで寝ています。あまりやり過ぎてもよくないかなと思って、あえて、履かない日も作っているという感じです。

着圧ストッキングを履くようになってから、そういえば、足が重く感じることは、減ったと思います。また、足首も少し細くなったような感じがします。

履いてどうなるかは、個人差が大きいと思いますが、買うのに悩むようなものではありませんから、試しに使ってみると良いと思います。ストッキングだけで足が軽くなるんだったら、嬉しいですよね。

まとめ

  • むくみには、着圧ストッキングとマッサージが良い
  • 着圧ストッキングは、圧力が小さいものから試していく
  • 着圧ストッキングは、メディキュットとキュットスリムがオススメ

色々お話ししましたが、3つだけ覚えておいたらOKです。

着圧ストッキングを履いて、リズミカルに歩き、たまにマッサージをしてあげると、むくみがとても楽になるので、ぜひ試してみてくださいね。

▲▲上に戻ってもう一度読み直す▲▲

当サイトでお申し込み数の多い転職サイト

ナースではたらこ 看護のお仕事

「できるだけ早く転職したい!」ならこのナースではたらこが良かったです。当サイトお申し込み数2位。対応エリアは全国。 詳細ページ

病院との交渉お任せもありで、忙しい看護師さんにとって本当に嬉しいサービス。当サイトお申し込み数1位。対応エリアは全国。 詳細ページ
看護師バイト・パート・派遣ならMCナースネット
MCナースネット看護師バイトや派遣系のお仕事であれば、ここで間違いなしです。※登録後の翌営業日辺りに電話連絡が来ますので、そちらから希望の条件を詳しく話すと、より良い条件のバイト案件を紹介してくれます。 詳細ページ
・1回3万円超の高額夜勤バイト
・時給2000円超の高額求人多数
・表には出てこないレアなバイトもたくさん!

⇒ 管理人がまとめた転職サイトのスペック比較表を見る

転職したいなら以下の記事もチェック
看護師転職看護師の履歴書の書き方!自己PR・志望動機・得意科目は?
面接看護師の面接必勝マニュアル!これで面接対策はバッチリ!
税金看護師転職時の年金・税金の処理方法!面倒な手続きもこれでわかる!
健康保険看護師転職時の健康保険手続き方法まとめ!
退職理由看護師の退職理由はどう話す?具体的な理由も紹介します!
給料アップ目指すなら以下の記事もチェック
給料看護師の副業でおすすめは?目指せダブルワーク看護師で年収1000万
給料アップ給料アップのための看護師転職!施設や診療科の狙い方
日本看護師の平均給料は安い?手取りは?高い県はある?
看護師バイトでお小遣い稼ぎするなら以下の記事をチェック
確定申告看護師の副業・バイトの確定申告やバレない税金の支払い方
罰金看護師の副業・ダブルワークは違法?罰則や罰金はある?
マイナンバー看護師の副業・ダブルワークはバレる?マイナンバー制度でどうなる?
ナース20代看護師におすすめのイベントナース!看護師単発バイト
ナースMCナースネットの口コミ・評価(看護師単発バイト・ツアーナース等に強い!)

コメントを残す

このページの先頭へ