国際看護師になるには?海外の看護ボランティアや給料の話

海外で働くことに憧れを持っている人も少なくないのではないでしょうか?

看護師は、海外で働くこともできる場合がありますが、いまいち方法がわからなかったり、待遇面などで不安を感じることもありますよね。

今回は、国際看護師や海外での看護ボランティアについて紹介します。

国際看護師って仕事あるの?

国際看護師として海外で活躍したいと持ったら、心配なのが、まず、仕事があるのかですよね。あまり競争率が高いのも不安です。

ですが、幸運なことに、国際看護師は引く手あまたの状態です。世界的に見ても、看護師は不足しているのが現状で、日本よりも看護師が不足している国もあるぐらいなのです。実際に国際看護師で働いている人から聞くと、日本も看護師が不足しているけれど、実際は海外の方が不足しているように見えるといっていました。

ですので、国際看護師として仕事を見つけたいとなった時に、あぶれることはないでしょう。どちらかというと、資格や語学力がつけられるかが問題になるでしょう。

ただし、国によって、看護師の給与水準や労働条件は大きく変わってきますので、自分にあったところをしっかり見つけることがとても大切です。

国際看護師のなり方

国際看護師といっても、一律に国際看護師という資格があるわけではありません。海外で看護師として働くためには、その国の看護師資格を獲得する必要があります。

必要なものは3点です。

  • 現地の看護師資格
  • 就労ビザ
  • 語学力

日本でも、看護師不足の懸念から、労働力を海外から入れようというニュースもありましたが、言語の壁もあり、実際に看護師になれた外国人は、本当にわずかでした。

ですので、日本人が海外で国際看護師になる場合も、言語の壁の壁が当然にあります。

海外で働いている人の中には、面接英語だけ完璧に練習をして、就職が決まったという場合もあるのですが、付け焼き刃の英語力ですから、実際に働くとなった時には、同僚や上司の英語がわからなくて、苦労したという話も聞きます。

国際看護師になるには留学からがベスト

国際看護師は、現地の看護師資格や語学力も必要になるので、看護留学をする人もいます。

日本で勉強するには限界がありますので、現地で看護の勉強をして、語学も一緒に身につけてしまえば、一石二鳥ということですね。

留学を経験することで、その国の生活にもなれることができるので、急に海外で働き出すよりは、先に留学を経験する方が、少しずつ慣れていくことができるので、負担は小さいでしょう。お金の負担はかかりますけれども。

個人的には、お金をかけても一度留学して、現地の生活などを見てみると良いと思います。海外で働くことに憧れだけでは、やはり厳しいところがありますので。

海外で看護師として働いている人が言っていましたが、海外の方って、体が縦にも横にも大きいので、肉体的に大変だそうです。体の大きな人が多いのは、当然なのだけれど、実際に働くまでは、そういうことにあまり意識が向いていなかったので、困ったと言っていました。そういった、予想外に大変なこともでてきます。

どの国で働く?気になる給与水準は?

国際看護師として、定住して働くとなると、治安の問題からも、女性の場合は国が絞られてくると思います。

一般的には・・・

  • アメリカ
  • オーストラリア
  • イギリス

を選ぶ場合が多いです。

給与水準から考えると、

  • アメリカ・・・年収700万円ぐらい
  • オーストラリア・・・年収550万円
  • イギリス・・・年収500万円

給与で国を選ぶとしたら、アメリカが圧倒的に給与が高いです。アメリカの場合は、修士号をとると年収1000万円が目安になります。アメリカの看護師修士を取得すると、医師の代理として、問診や検診ができるというのも大きな特徴です。取得するのに時間がかかったとしても、取得するメリットは大いにあるということです。

オーストラリアは、看護師資格を取得しやすいことや、住みやすいと感じる人も多いことから、人気の国です。正看護師の免許を持っていたら、看護学科に編入でき、そこで1年勉強するとオーストラリアの看護師資格を取ることができます。オーストラリアの場合は、留学中でも医療機関で働いてお給料がもらえるという制度があるので、金銭面的にも助かる部分が大きいと思います。

イギリスの場合は、長期休暇を取りやすい反面、場合によっては、日本よりも給与が少なくなることもあります。また、イギリスの看護師は、Bandと呼ばれる階級制度があり、この階級を上げていかないと、お給料も上がりません。ちなみに、一番下の階級だと年収250万円ぐらいです。階級をつけたがるのは、お国柄でしょうか・・・

海外で働く時に、気をつけておかなければいけないのが、「ボーナス」です。通常、海外では日本のようなボーナス制度はありません。契約通りの賃金が支払われるのみですので、お給料やそのほか労働条件はしっかりと確認しましょう。

最短2日から始められる看護ボランティア

海外で働いてみたいと思っても、定住して働くとなると、なかなか敷居が高いなと感じる人も少なくないのではないでしょうか。その場合は、看護ボランティアで活躍するのも1つの手だと思います。ただ、ボランティアですから、給与は高くないです。

あったとしても、だいたい月に10万円程度だと思ってもらうと良いでしょう。もちろん、基本的に、ボランティアなので、お給料はなくて、持ち出しの場合もあります。

看護ボランティアの場合は、発展途上国へ行く場合がほとんどです。最短で2日というボランティアもありますので、日程調整もしやすいのではないでしょうか。

ボランティアの場合も、英語力が必須となり、語学の資格証明が必要なものもありますが、短期間のタイプであれば、通訳が同行するなどで、語学力が全く必要ない場合もありますので、看護師資格だけ持っていれば、応募できることもあります。

滞在期間が長いと、語学力の証明が必要になる場合が多いです。

看護ボランティアの種類

短期間が魅力な「ジャパンハート」

NGOの活動であり、語学力や看護師のキャリアを気にせずに参加できるところが魅力です。ただ、現地での活動は宿泊や食事は無償で提供されますが、医療活動費は10万円程度実費になります。

派遣先は、アジアの発展途上国が主になります。

期間は、2日から1週間程度の短いものが中心になります。

青年海外協力隊

ODAの一環として、行われているのが青年海外協力隊です。政府機関が行う国際協力活動なので、現地でナース育成や看護学生の先生を任されることもあります。それでも、基本的に無給での仕事になり、現地での生活費のみ支給されます。

帰国後の生活のために、月に85000円ほど振り込まれます。金額は変動する場合がありますので、青年海外協力隊として働く場合は、必ず事前にチェックするようにしましょう。

派遣先は、アジア、アフリカ、中南米、中近東の発展途上国がメインとなり、派遣期間は通常2年です。

国境なき医師団

国境なき医師団は、民間からの寄付金によって活動費が賄われており、その寄付金は潤沢であることから、ボランティア活動であっても、給料が支払われるのが大きな特徴です。参加期間が長くなると、昇給するという仕組みもあります。

ですが、その分、責任や問われる技量も大きくなります。国境なき医師団は、緊急性の高い場所に行き、多国籍な医療チームで治療にあたるので、チームのメンバーとコミュニケーションが問題なく取ることができる高い語学力が必要になります。英語に加えて、フランス語が必要になることもあります。

また、国境なき医師団の場合は、応募するのに2年以上の臨床経験が必要になります。

ボランティアの場合は普段やらない仕事もする必要がある

ボランティアの場合、派遣される国は発展途上国が多くなります。その場合、医療現場は深刻な人手不足である場合が多いので、普段は看護師がしないような仕事もする必要があったりします。

また、治療や処置に必要な器具もない場合がありますし、不足している場合もありますので、怪我をしている患者さんにガーゼを当てたり、テープで固定する場合も、必要最低限の量を使うといった形で、臨機応変に対応して行く必要があります。

そして、現地で自分の体調にも気を配る必要があり、食あたりなどにも注意することが大切です。

海外ボランティアに参加するメリット

ボランティアとして、医療に携わるというのは、日本では絶対にできないような経験もできますので、自分のキャリアの上でも、良い経験となると思います。実際に、海外でボランティアとして働く前と後では、看護師としての自分を客観的に見られるようになり、自信を持てるようになったという人もいます。

また、途上国で色々な医療器具が不足している中で看護の経験を積むと、日本の病院は何でも揃っているので、何が起こっても動じなくなったと言っていた看護師もいました。

ボランティアは、人のためにもなりますし、自分の看護師としての人生にもプラスになるので、機会があれば参加してみると良いですね。

海外ボランティアに参加するデメリット

ボランティアで看護師として活動をする場合は、問題として上がるのは、収入面です。生活費は支給されるというものもありますが、何かと持ち出しが必要になります。ですので、ある程度、蓄えを作ってからボランティアに応募することが必要になります。

また、長期のボランティア活動になると、その後、日本に帰ってきてあとのことも考えておく必要があります。蓄えを全部使い切って、帰ってきてしまった場合、日本で職を探す間の生活が厳しくなります。

もちろん、看護師の仕事は選り好みしなければ、すぐに見つかりますので、そこまで不安に思う必要はないですが、長期ボランティアをする場合は、収入面で計画をしっかりと立てた上で参加することが大切になります。

まとめ

海外で看護師として活躍するには・・・

  • 国際看護師
  • 看護ボランティア

として働くことができます。

  • 国際看護師は必要な資格やビザ等を取得する必要がある
  • 看護ボランティアは、日本の看護師資格を持っていたら参加できるものもある

海外で看護師として働く手段はたくさんあるので、調べてみると、上記で紹介したもの以外にも色々出てきます。

海外で仕事をする場合は、応募条件など、しっかりと事前にリサーチをしてから参加するようにしましょう。

▲▲上に戻ってもう一度読み直す▲▲

当サイトでお申し込み数の多い転職サイト

ナースではたらこ 看護のお仕事

「できるだけ早く転職したい!」ならこのナースではたらこが良かったです。当サイトお申し込み数2位。対応エリアは全国。 詳細ページ

病院との交渉お任せもありで、忙しい看護師さんにとって本当に嬉しいサービス。当サイトお申し込み数1位。対応エリアは全国。 詳細ページ
看護師バイト・パート・派遣ならMCナースネット
MCナースネット看護師バイトや派遣系のお仕事であれば、ここで間違いなしです。※登録後の翌営業日辺りに電話連絡が来ますので、そちらから希望の条件を詳しく話すと、より良い条件のバイト案件を紹介してくれます。 詳細ページ
・1回3万円超の高額夜勤バイト
・時給2000円超の高額求人多数
・表には出てこないレアなバイトもたくさん!

⇒ 管理人がまとめた転職サイトのスペック比較表を見る

転職したいなら以下の記事もチェック
看護師転職看護師の履歴書の書き方!自己PR・志望動機・得意科目は?
面接看護師の面接必勝マニュアル!これで面接対策はバッチリ!
税金看護師転職時の年金・税金の処理方法!面倒な手続きもこれでわかる!
健康保険看護師転職時の健康保険手続き方法まとめ!
退職理由看護師の退職理由はどう話す?具体的な理由も紹介します!
給料アップ目指すなら以下の記事もチェック
給料看護師の副業でおすすめは?目指せダブルワーク看護師で年収1000万
給料アップ給料アップのための看護師転職!施設や診療科の狙い方
日本看護師の平均給料は安い?手取りは?高い県はある?
看護師バイトでお小遣い稼ぎするなら以下の記事をチェック
確定申告看護師の副業・バイトの確定申告やバレない税金の支払い方
罰金看護師の副業・ダブルワークは違法?罰則や罰金はある?
マイナンバー看護師の副業・ダブルワークはバレる?マイナンバー制度でどうなる?
ナース20代看護師におすすめのイベントナース!看護師単発バイト
ナースMCナースネットの口コミ・評価(看護師単発バイト・ツアーナース等に強い!)

コメントを残す

このページの先頭へ